タイルカーペットの施工例

2021年 03月01日 | 施工事例

 こんにちわ! 

街のないそうやさんです。

夜分の更新すみません🙏

筆者、子供がまだ1歳半でとってもとても引っ付き虫で

せっかく大場さんがいい記事を送ってくださったのに

更新が遅くなっちゃいました💦

っと私の話は置いておいて。

先日新築の床工事を施工させていただきました(*^-^*)!

施工のお話を少しさせてください!

 

新築の床工事

 

先日は、新築の床工事をさせていただきました!

↑は施工後のお写真です

初めのご要望は

新築のフローリングにじゅうたんを敷きたいとのことでしたが、

工事をするにあたって、フローリングに傷がつくことを説明させていただき

タイルカーペット・糊付きタイプを

ご提案させていただきました。

なぜ糊月のタイプなのかご説明させていただきますと

本来の施工方法は、直接床に滑り止めの糊を塗ってタイルカーペットを

貼っていく施工で、不要になって剥がす際に床に糊がこびりついてしまいますが

今回提案させていただいた糊付のタイプだと、タイルカーペットの裏面に糊がついていて

汚れた部分を剥がしてお風呂で洗っていただくと再利用できるからです(*‘ω‘ *)

↑施工中のお写真です

お写真を見ていただいてもわかると思いますが、

フローリングの部分は一切汚れや傷がありません(`・ω・´)

 

なのでこちらの糊付タイプをご提案させていただきました♪

タイルカーペット・糊付タイプのメリットは

再利用可能のほかに擦り切れ・汚れ・変色部分だけの

張替えが可能です!!

タイルカーペットをお考え中の方は是非参考にしてみてください☺

施工前施工後

新築なのに、なぜ?

ふと、新築なのになぜ施工依頼??と疑問になり依頼主様に

お聞きしてみました。

理由は「母が年を取って転んだら危ないから」

とっても素敵な理由でした✨!!

親とは離れて暮らしていますが、親の事をもっと大事にしていこう

と思いました(^-^)

 

タイルカーペットは児童施設やオフィス住宅など様々なところで

使われています(‘ω’)

住宅で使われているタイルカーペットは比較的厚みがあり、

ふんわりしているものが多くパイル(生地の丸いループ状の糸)に

よって厚みや触り心地が様々です。

お子様やご年配がいらっしゃるご家庭でフローリングだと怖いな。

と思っている方、ぜひ参考になればうれしいです🎵