知っているようで知らない壁の役割と壁の種類

2021年 02月25日 |

こんにちわ!街のないそうやさんですsmile

当サイト・ブログにお越しくださりありがとうございます☺

 

本日は、壁についてお話させてください!

現在では、クロス仕上げが主流となっていますが、

本来は仕上げのバリエーションで楽しみやすい部位なので、

壁の中身を知っておけば、外部や隣接する住戸からの

遮音性を推測できたり、棚などを取り付けや

リフォームの幅が広がると思います♪

壁について知ってみよう!

・壁の種類

・壁の役割

 

・壁の種類

 

壁にはたくさんの種類と役割があります。

主流となっているのはクロス、壁紙の事ですね!

他にも漆喰や珪藻土などの左官や

塗装(ペイント)、木の板などがあります。

クロスの例です。

石壁の例

石壁の例です。

クロスなどの仕上げの内側には、

石膏ボード(プラスターボード)という下地となる材料があり、

石膏を芯材として板紙で両面を覆った板材で、

耐火・防火性、遮音性、寸法安定性、加工性、経済性に優れるという特徴があります。

現代の家づくりでは欠かせない材料なんです(*^-^*)

 

・壁の役割

外壁の例です。

お外の壁は外壁(がいへき)といい、

外壁の役割は、室内を外から守るため、

断熱性・遮音性・水密性・気密性・防火性・耐衝撃性・耐候性などがあります(*‘ω‘ *)

内壁の例です。

室内の壁は内壁(ないへき)といい、

役割は、遮音性・防水性・防汚性+視覚や触覚

感覚的な性質も大切にされています(´ー`)

 

皆様のお家の壁はどんな壁ですか?

これからお家の購入・賃貸をお考えの方はどんな壁が理想ですか?

理想を思い描いてみると楽しくなりますよね♪

長々とお付き合いありがとうございました(‘ω’)

 

お家の壊れ・汚れ・改修などでお困り事があれば気軽にご相談ください!